2017年8月20日 (日)

日曜臨時営業!!

明日はお暇を頂きます
本日15時〜22時まで

当店は、カープ&レッズ贔屓ではありません。

第八たから丸
大将ふるちゃん()

2017年8月19日 (土)

経済補正

+  経済成長
0  経済補正

50年以上も山積みにしてきた付け
けじめがない。
責任がどうたらこうたらという格好付け

2017年8月18日 (金)

ポーツマス講和条約小村寿太郎とロシアの

ポーツマス講和条約小村寿太郎とロシアのィッテ韓国の独占的支配権の承認旅順大連の租借権と長春以南の鉄道を譲渡北緯50度以南の樺太南樺太を割譲沿海州の漁業権を譲渡賠償金はなし日清戦争との違い

2017年8月17日 (木)

ユリの花に651系と259系

皆さん、こんばんは。まだ夏休み中ですが、日帰りとはいえ明日から日曜日まで撮影に行く予定なので、今日は自宅で休んでいます。ネタはたまりそうですが、夏休み後はまた隔週でのお出かけになると思うので、更新のペースは今までどおりになりそうです。

今日から夏休み中に撮影した画像を掲載します。まずは8月13日のものから。この日はまず185系特急踊り子を撮影しようと東海道線へと向かいます。
国府津駅付近で撮影していたら、651系の回送列車が車庫から駅に向かってきました。
その後小田原へと向かって行きました。
こちらはE259系のマリンエクスプレス踊り子。時刻表の臨時列車名をよく見ていなくて185系とばかり思っていて、ちょっとがっかりしました。

185系の画像は、次回の更新で掲載します。

心理カウンセリング時に映る美しさ

主観ですが仕事心理カウンセリングや講座を

していて、一瞬ドキッとするくらい
相手の方を美しいと感じる時があります。
それは、笑顔の時ばかりではありません。
困った顔や
思案している顔
時には涙を流されている瞬間にも
美しさは宿ります。
繰り返しますが私の主観です。
なぜ美しいのか?

それは、本来のあるがまま、心のままの
ご自身に直面した姿だからです。
自然な姿の美しさ。
子どもが
痛いと感じたら痛いと泣く
怖いと感じたら怖いと叫ぶ
嬉しいと感じたら嬉しさが滲み出る

ように、
ごまかしたり
言い訳したり
カモフラージュせず
自分の心と表情や態度がピタッと合う時
またそれを認める時

その一瞬の姿は本当に美しい。
心理カウンセラーとして鏡になる役割の
カウンセリング時間や講座時間。
その美しい一瞬が反射できればと
思います。
ブログ2263回水崎結香

2017年8月16日 (水)

旅の必需品はコレ!

明日から夏休みだよ!アイブロウリクイド予約のお客様、取りにきて!をLINEに投稿したところ、大勢の皆様にご来店いただいて嬉しかったです。

サロンに来られないお客様からも温かいメッセージ

嬉しいな

ありがとうございます。

明日早朝、出発だというのに相変わらずこの時間になっても荷造り一つしていません

洋服や水着は忘れたら買えばいいけど取り替えが効かないのが、日焼け止めとスキンケア化粧品とコットン。

この3つは絶対に忘れるわけにはいきません。

あっ!シャンプーとスカルプエッセンスもだアルビオンもウルオッテも売ってないからね。

エレガンスのリクイドアイブロウも海に入っても消えないから持って行こう
今回は崩れにくいカバーマークのファンデーションも旅のお供に仲間入り

あっ!うちのお塩も持って行かなくちゃ

それからカッサと漢方オイルも必需品。

以前は旅行のたびに常備薬と称してたくさんの薬を持って行ってましたが、薬飲まない歴、2年9月の更新も目前のみかお。常備薬というものが我が家にはなくなってしまいました

漢方オイルとカッサさえあれば大抵の不調は未然に防げます。

薬で持っていくのはムヒとジョンソン&ジョンソンの湿潤の絆創膏と虫除けスプレーくらい。
仕事ようやく終わったので今からダーリンの作ってくれた夕食食べて後片付けしてお風呂入って荷造りです。

まっ、最悪明日、飛行機の中で爆睡すればいいですしね

皆様の夏休みの旅行、帰省など楽しいお知らせ横目で拝見しながらとっても羨ましかったけど、ようやく私もバカンスです

ブログは基本的にあげません。
デジタルオフにする予定です。

24日に戻ってきます。

サロンは25日から通常通り営業です。

25日26日はスタンプ2倍デーですのでお楽しみに

待ちに待った夏休み、心も体も解放して参ります。

行ってきまっす
夏休み17日(木)24日(木)
SalondeMatsumotoみかおの健幸美人サロン

江東区北砂5128砂町銀座商店街赤札堂さん正面

OPEN1000〜1900/日曜定休

メールでのお問合せ

03-3648-4456

ホームページはこちらです

LINE<imgsrc
QRコードで友だち登録する方はスマホからLINEを開き、その他友達追加QRコードと進み、上のコードを読み込んでください。
一緒に綺麗でハッピーになりましょう

号外NHKスペシャル戦慄の記録インパール視聴しました8月15日

以前にちらっと書いた記事とタイトルが異なっていますね。確かに無謀な作戦で現地に派遣された将兵らの無惨な死に様の記録、と言う意味では、戦慄の記録インパールの方がずっと表現が正確になっているように思います。陸軍大臣兼参謀総長だった東條英機のことが散けなされるのかと思ったのですが、現地の司令官の牟田口廉也のことが大的に酷評されたおかげでなんだか影が薄くなっていました、笑。
私は戦史のことも軍組織のことも殆どわからないのですが、興味があるのは文化史と政治史なので大本営は、現地の作戦や人事は現地の司令官に丸投げしていたのでしょうか。番組の中では中央の判断ミスは殆ど取り上げられていなかったように感じました。

インパール作戦とは、昭和19年3月中旬から7月初旬に行われた、ピルマからインドのイギリス軍の拠点インパールを攻略するという作戦とのことですが、観ていてなぜそれほどまでにその作戦が重要であったのかが、いまひとつよくわかりませんでした。戦史に詳しい方でしたらよくおわかりのことでしょうが、私のように素人同然の者が観ていると、なんだか上層部間での情実的な理由で作戦が決行されたように感じました。作戦立案時の参謀総長杉山元って確か東條メモの中でも同様の情実にほだされて困る、という記載があったような。ということは、あながち嘘ではないのかもしれません。

それにしても、やっぱり出てきましたね東條が昭和十九年五月十五日にインパール作戦の報告の事で秦参謀次長を叱りつけた話、笑。以前にも書いているのですが、比較のためもう一度書いておきます
昭和19年5月15日

約十日間にわたり、南方特にビルマ戦線を視察して帰任した秦参謀次長の報告が、参謀本部作戦室で、東條参謀総長以下省部首脳の前で行われた。インパール作戦は作戦開始の期間は順調だったが、四月上旬インパール市を目前に見ながら、戦線は膠着、早くも行き詰まっていた。この作戦を現地で見て来た次長の判決は、インパール作戦成功の公算低下しありというのであった。実際のところ、次長と同行した杉田一次大佐の見て来た実感は、もうトテモ駄目だという判決だったが、突然ここであまりショックを与えては、というので成功の公算低下しつつありと報告したのであった。
これを聞いた東條参謀総長はどこが不成功なのか何か悲観すべきことがあるのかと威たけだかになって秦参謀次長に詰めよった。総長としてはもうインパールは駄目だという判決が、この作戦の成功には政治的にもかけていた期待が大きかっただけに、気に入らなかったのであろうか。この凄い剣幕に、次長も大勢おる前であるし、あきれた顔つきで黙ってしまった。総長は、すぐ前の席の三笠宮に対していっているようであった。一座はすっかり白けきって解散した。どんな含みで総長は言ったか知れぬが、みんなの前で次長を叱り飛ばす総長の態度は軽卒である。もし私が秦さんの立場であったら、肩章を捨てて取っ組み合っていたであろう。怒りを顔に出さず、ヌーボーと黙ってしまった秦次長は、みんなの前でますます男を上げた。
種村佐孝大本営機密日誌
番組では東條の元秘書官だった西浦進が後にイギリスに証言している内容を紹介しています

ナレーション日本軍の最高統帥機関大本営は、戦場の現実を顧みることなく、一度始めた作戦の継続に固執していた。イギリスに残されていた、東條英機大将の元秘書官注西浦進の証言、現地で戦況を視察した大本営の秦中将が報告したときの様子を語っていた
報告を開始した秦中将は、インパール作戦が成功する公算は極めて低いと語った。東條大将は即座に彼の発言を制止し、話題を変えた。僅かに白けた空気が会議室内に流れた。秦中将は、報告を半分程で終えた。
うんこういうのを読むと、いわゆるオーラルヒストリーというものは結構当てにならないなという気がします。同じ会議に出席していながら、聞く側によって微妙なニュアンスが異なるというか。種村のいう東條は、秦のいい加減な報告を大勢の前で叱り飛ばしたことになるし、西浦の証言によれば、東條は秦中将の正しい判決判断のことを述べようとしたのを途中で中断させて話題をそらした、という、それこそ一度始めた作戦の継続に固執していたということになります。どちらが正しいのか、某の回想録あたりで誰それがどう言った、ああ言ったとかいうようなことを正式な論文に取り上げるには、よほどの慎重さが必要だということですね。

それから、番組ではこう続けます

ナレーションこの翌日、東條大将は、天皇への上奏で現実を覆い隠す。現況においては、かろうじて常続補給をなし得る状況剛毅不屈、万策を尽して既定方針の貫徹に努力するを必要と存じます

続いて、どこかの課長級?の某が、インパール作戦は牟田口がもう止めたくても止められない空気が上層部にあった、というようなことをテープで述べています。

ここはちょっと気になったので録画を止めてみると、画像に出ている当時の冊子には上奏の後に案とありました。確かに、東條がどんな内容の上奏をしたのかなどということは、東條が自分でメモするか、侍従長等それ相応の身分の人に書き取らせるとかしないとわからない筈です。この案をそのまま東條が読み上げたかどうかはわかりませんし、しかも、さらに画像をよく見ると、かろうじて常続補給をなし得る状況の後に、なるをもって兵コ注漢字が出てきません道路の設置に努力りしあり?と続いているのがわかります。こういうところを読むと、別に現実を覆い隠している訳ではないと思うのですが。

私は他のところはさっぱりわからないので番組で流されている情報を事実として捉えるしかないのですが、NHKはかなりのディレクターを揃えてうまく番組を作っているのだなあ、と感心します。私が最も知りたかったことは、なぜ陸相兼参謀総長の東條が、ここまで酷い状況なのに作戦を早期に中止しなかったのかということですが、東條はここでへこたれて作戦を中止すれば、死んだ将兵たちに申し訳ないという発想で、一度決定した作戦に固執したのかもしれません。そうなると東條は、相当危ない引く事を知らないので死体の上に死体が積み重ねられる総司令官だったということになりますが、実際はどうだったのか、なんだか迷宮入りのようです。

2017年8月15日 (火)

人工知能AIが人間の仕事を奪う。羽鳥慎一モーニングショーそもそも総研

2017/8/10の羽鳥慎一モーニングショーのそもそも総研は、
人工知能があなたの仕事を奪うって本当?でした。

結論を言うと定型的な、ルーチンワーク的な
ほとんどの仕事はAIに置き換わる。

AIに置き換わった仕事の代わりに、
新しい仕事は発生する。

人の懸念は
仕事がなくなる収入がなくなるだが、

仕事がなくなろうがなくならまいが、
本音はどうでもよくて、
収入がなくなるのが本当の心配だということ。

つまり、毎月の安定収入さえ確保できていれば、
何の問題もない。

そこで、この問題の解決案が
ベーシックインカムだというわけ。

ベーシックインカムで安定収入が確保できていれば、
人間がやりたくない仕事、やらなくてもいい仕事や
危険な仕事などはどんどんAIやロボットに
代わって貰えばいいというのである。

実はこの話、もーすでに
ストレス発散の著書
王様の耳はロバチェフスキー、ボーヤイの耳
に掲載済み。

テレビ朝日、そもそも総研
ロバ耳の内容パクったか

そのストレス発散の著書であり、
仏教推奨書のロバ耳ですが、
もう直ぐ値上げです。

興味のある方は、お早めにどうぞ

大学生の役だったんだよねブラジャー姿を

大学生の役だったんだよねブラジャー姿を披露したんだよねなつかしいまだ録画残ってるなつかしい

それはじぶんのことしかかんがえてないから ね、つじつまが合うでしょ みんなじぶんのことばかり でもそうみえないのはごまかされてるからだよ

«予測はぴったし!